Top Image

レンタカーで巡る四国八十八箇所

※ ページの読み込みが完全に終わるまでお待ちください。画像をクリックすると拡大します。

3日目 第41番札所龍光寺→第64番前神寺

八十八箇所巡り3日目。朝7時半に目覚め宇和島駅に急ぐ。愛媛に住んでいる高校からの友人「まる」と合流するためだ。本日はまるを加えた3人での旅となる。宇和島駅に着くと我々はまるの乗った電車が到着するまでの間に、顔を洗ったり、着替えたりと大忙しで身支度をし、彼女の到着を待った。

8時12分。まるが宇和島駅に到着した。春の同窓会以来だろうか?まさか四国で再会するなんて思ってもみなかった。とても元気そうである。久々の再会を果たしたあと、我々は車に乗り込み、本日1箇所目の寺、第41番札所龍光寺を目指した。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第41番札所
龍光寺
8:56

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第42番札所
仏木寺
9:10

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第43番札所
明石寺
9:41

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第44番札所
大宝寺
12:00

まるとの久々のトークを交えつつ、3日目の旅はスタートした。8時宇和島集合ということは、彼女は6時台にもう電車に乗り込んでいたことになる。本当に朝早くから申し訳ない。宇和島駅を出てすぐ道を間違え、訳のわからない山道を通ったり、右折を若干ミスって「それは伊予の早曲がりってゆうねんで。」と怒られながら、我々は次の寺を目指した。

41番札所龍光寺から43番札所明石寺までは比較的近距離に連続していたので難なくクリアし、数をこなしていった。途中渋滞で流れが悪いところもあったが、市街地を抜けるとスムーズに流れ、いいペースで車は北上していった。

明石寺から大宝寺はかなり距離があり、悪路も続く大変な道のりとなった。内子付近から大宝寺までは、離合不能な山道が続き、しかもその場所の運転を慣れない「まる」が担当した為、車が現れるたび車内はドキドキした空気につつまれた。途中で2車線になったり、また離合不能になったり、なんとハラハラする道であろう。これが国道とは信じがたい。道を広げる工事なども複数個所で行われていたが、まだまだ狭いところが多かった。数年後には快適になってたりするのだろうか。

大宝寺の近くで軽トラックと抜かさせつ抜いてもらいつの大バトルをしつつ、旅は進んでいき、第44番大宝寺に着いたのはちょうど正午であった。これで88寺のうちの半分を達成したことになる。これでまだ半分なのか・・・。軽い欝になりそうであった。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第45番札所岩屋寺は、境内まで徒歩20分らしいので山門でギブアップ。駐車場に入るだけでも大変だったのだが、本堂まであと20分かかるのはさすがに無理!後に岩屋寺は行く価値ありの寺だと知ったのだが20分は厳しい。次回のチャレンジのときには是非行ってみようと思う。

岩屋寺以降も、運転は引き続き「まる」が担当した。途中、遅い原チャにイライラしたこともあったが、車は松山市街に向けてどんどん進んでいく。途中の三坂峠はすごい下り坂で景色がすばらしく、とてもよかった。エンジンブレーキ使わないとブレーキが焼ききれそうな下り坂で、何度も後続車に抜いてもらうことに・・・。碓氷峠を思い出した。市街地に降り立つと、とべ動物園というところがあり、まるが何度も「とべZOO」と連呼していた。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第45番札所
岩屋寺
12:35

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第46番札所
浄瑠璃寺
13:45

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第47番札所
八坂寺
13:56

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第48番札所
西林寺
14:22

第46番札所浄瑠璃寺から第53番札所円明寺まではシティー派寺院が続き、近距離でお寺が続くので、我々にはありがたい状況が続いた。第47番札所八坂寺ではアイスクリンを買い、そのお店の人からいろいろな話を聞くことが出来た。まあ、その後このアイスクリンのおじさんが思わぬ姿で現れることを我々は知る由もなかったのだが・・・。

このあたりのお寺で、「まる」の写真の写り方が神の領域に近づいていく・・・。特に八坂寺の写真ではまるがどこに映っているか探すのも大変な状況である。上の小さな写真でどこにいるのか分からないのは当然としても、大きな画像でもまるを発見するのは至難の業である。みなさんはどこにまるがいるかわかるだろうか。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第49番札所
浄土寺
14:43

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第50番札所
繁多寺
14:57

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第51番札所
石手寺
15:32

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第52番札所
太山寺
18:21

浄土寺・繁多寺付近ではすごい豪雨になった。境内が川のようになっていて写真を撮るのも非常に困難だった。市街地で人も車も多く、夜の山寺で豪雨に見舞われるよりは大分マシであるが、それでも全身ずぶぬれになるほどの豪雨は非常に困る。第51番札所石手寺は、まるのテリトリーらしく、このあたりになるといろいろナビをしてもらって非常に助かった。松山はいい街だ。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

レンタカーで巡る四国八十八箇所

松山市街では、途中、道後温泉に寄った。四国&九州旅行の時に寄って以来、二回目である。今回も一番安い湯に入ったが、やはりお湯は熱い。野沢温泉くらいの温度はあるのではないだろうか。体を洗っているときに、にしやんが老人に理不尽なしかられ方をされたりとひと悶着はあったが、昨日から一度も風呂に入っていなかったのでとても気持ちよかった。今度行くときは一番高いコースの温泉に入りたいものである。

道後温泉のあとは、近くのうどん屋さんで一服。遅い昼飯となった。まるオススメだけあってうまい。長野のおいしいお蕎麦屋さんはいろいろ巡ってきたが、長野においしいうどん屋は少ないので本当においしかった。我々がまるを1日中連れ回している立場なのに、まるに結局ご飯おごってもらうことになってしまい、まるの優しさに感動した。今度この借りはきちんと返そうと思う。

ちなみに右側の写真は、昼食を終えたあとに廻った第52番札所太山寺の横に置いてあったトトロ。このお寺は松山市街からは遠ざかった位置にある。トトロのかわいい像を見ながら缶ジュースで休憩して、我々は今治を目指した。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第53番札所
円明寺
18:33

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第54番札所
延命寺
19:34

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第55番札所
南光坊
19:54

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第56番札所
泰山寺
20:17

ちょうど夕暮れの時間であったので円明寺から延命寺までの海岸線は夕日がとてもきれいだった。西側が海に接した土地の夕暮れは本当に美しい。夕日のオレンジ色が海まで染めてまばゆい光を放っていた。こんな風景を毎日見ることができたらどんなにいいことだろう。途中FFのモデルになったというきれいなコンビナートもあった。愛媛県は、今まで知らなかったすばらしい良さがあるのだな。

今治に着く頃には、既に日も完全に落ち、あたりは暗闇になっていた。第55番札所南光坊を周り、そのあとまるを今治駅まで送り届け、そこでお別れとなった。まさか朝の8時からこんな夜遅くまで寺めぐりに付き合ってくれるとは思っていなかった。いろいろ世話になったし感謝である。また同窓会などの機会で会いたいものだ。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

レンタカーで巡る四国八十八箇所

まると別れて、再びにしやんと2人で旅を続けることになり、我々は2人で泰山寺を目指すことになった。このお寺は、駅からもすぐの距離のようである。我々は、目的地に向けて車を走らせた。

…のだが、88箇所巡り最大の恐怖事件が、ここで起こることとなる。

第56番 泰山寺。
今治市内にある普通のシティー派寺院なのであるが、用をたすため、お寺のトイレを使わさせてもらうことになった。外は夕暮れ。トイレで明かりを探したが明かりは無い。不気味やなあと思いながら、ほとんど真っ暗な中で急いで2人で用を足していると、突然・・・

「ううううううぅぅぅぅうううううう」

のうめき声。顔を見合す私とにしやん。トイレから急いで飛び出し、あたりを見渡すが境内には我々しかいない。トイレで聞こえた、あの重低音の獣のようなもがき苦しむ声は?怖くなり写真だけ撮って急いでこのお寺から退散したのだがあれは何だったのか。車に戻っても、恐怖は収まらなかった。二人とも聞いたあの人間離れした重低音の声の主は誰なのか。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第57番札所
栄福寺
20:36

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第58番札所
仙遊寺
20:51

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第59番札所
国分寺
21:11

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第60番札所
横峰寺
22:50

第56番泰山寺で恐ろしい声を聞いた我々は、恐怖に怯えつつも、第57番永福寺から第59番国分寺までの3寺を何の問題もなく順調にこなしていった。今日の目標は、第64番前神寺までなので、あと5つでノルマ達成である。今日は早く寝れるのか。それとも、またいつものように夜中の3時まで走ることになるのだろうか。

そして次に待ち構えていたのが、八十八箇所巡り最大の難所「第60番札所横峰寺」である。このお寺、自動車道が開通している、というものの、お寺に行くには離合不能な極狭の山道を約10kmも進まなければならない。1日目の第12番札所焼山寺もかなりの難関であるが、この寺のレベルはそれをも超しそうだ。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

レンタカーで巡る四国八十八箇所

この横峰寺までの山道は本当に狭い。川沿いに道が走ってたりするのだが、ガードレールも何も無いので、運転を誤れば即落下である。また夜にいったせいもあるのか、木々がうっそうと茂っていて、あたりは完全にまっくらであり、ライトを照らしても先まで見通せない。山道としては焼山寺と同じレベルか。ただ距離が全然違うので、この細い道の連続は少々うんざりしてくる。夜中なので対向車は皆無だったが、昼間はどうやって行き来するのだろうか。ちなみにナビを使っているとナビには無い道を走り出すので、おもしろい。

山道の終点の駐車場に着くと、そこからは美しい夜景を望むことが出来、今までのうっそうと茂った木々の中の不気味なドライブとは対照的であった。お寺に行くにはここから10分くらい歩かなければならない。夜中は懐中電灯が無いと怖くて進めないと思うので懐中電灯のご用意を。駐車場から少し下り、林道みたいな道を少し進むとお寺が見えてくる。

境内に入る直前に、びっくりするのだが突然たばこの使用を禁じる自動放送が流れる。たぶんセンサーか何かで検知して放送してるのだと思うが、夜中に急に大音量で人間の声が聞こえるとびっくりする。境内はかなり広く、昼間行けば風景もきれいとのことである。我々はお参りと写真撮影をして、暗闇に眠る横峰寺を後にした。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第61番札所
香園寺
23:45

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第62番札所
宝寿寺
23:59

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第63番札所
吉祥寺
0:09

レンタカーで巡る四国八十八箇所

第64番札所
前神寺
0:19

再び里に戻ってきた我々は、残りの4寺を順々に消化していった。横峰寺往復に2時間以上かかったのに、最後の4寺をまわるのに30分しかかからなかった。シティー派寺院と難関寺の差はこんなにもあるものなのか。日付を超えたあたりで本日のノルマを達成した我々は、モスバーガーで遅い晩飯を取ったあと、道の駅「マイントピア別子」に向かい、眠りについた。

明日はいよいよ最終日。香川偏である。

レンタカーで巡る四国八十八箇所

レンタカーで巡る四国八十八箇所

 

レンタカーで巡る四国八十八箇所

<< 2日目へ 4日目へ >>

▲ページのTOPへ

Copyrights (c) 2003- こみ All Rights Reserved. 一切の無断転載を禁ずる.